わきが女子の対策ブログ~良い香りと言われるまで~

10年間共にしてきたわきがの対策・経験談・心の持ちようを記していきます

柿渋石鹸でワキガ体臭対策

ワキガで悩み始めたらまず、体をよく洗う事を意識すると思います。

毎日使うなら、ワキガ対策が出来る石鹸がいいですよね!

ワキガ・体臭対策をうたっている石鹸はたくさん売られてますが、私が一番消臭効果を感じ、おすすめしたいのが柿渋石鹸です!

 

柿渋石鹸は、ワキガ全盛期の10代で各デオドラントを試している時に併用していました。 

当時は体臭よりも加齢臭対策をうたっているものがほとんどでしたね。

女子高生が買うには抵抗ありまくりでしたが、

普通の石鹸にはない高い消臭効果があると言われていると聞いたので、期待して近所の薬局へ走り購入しました。

そしてその日から柿渋石鹸はわたしのワキガ対策人生で欠かせないアイテムのひとつになりました。

 

初めて購入したのが下記の石鹸です。その後色々な種類の渋柿石鹸を試しましたが、使い心地が気に入って一番リピートしてます。

 

 

 

デオタンニング 薬用ストロング ソープ  100g (医薬部外品)

デオタンニング 薬用ストロング ソープ 100g (医薬部外品)

 

 

 

そもそも渋柿って何なのか?なぜ渋柿がワキガ・体臭に良いのか?気になりますよね。

今回は渋柿の消臭効果と使用感について紹介していきます!

 

柿渋ってなあに?

その名の通り、果物の柿から出来る成分です。

柿の実が青い時に渋が多く、その実を絞った汁を発酵・熟成させることで柿渋が出来上がります。

柿渋の中の柿タンニンと言う成分が防虫・防腐効果などがあり、昔から自然塗料などに使われていたそうです。

この柿タンニンこそが、ワキガに高い殺菌効果、消臭効果を発揮してくれるんです!

 

柿タンニンの消臭効果 

柿タンニンは、臭いの元と結びつき、別の成分に変えて、臭わない成分に変化させる働きをしてくれます。

ワキガ持ちにとってはありがたい効果です!!

なのでワキガだけでなく、汗の濃いニオイや加齢臭、足のニオイ…色々な臭いに効果が期待できるんです。

 

柿渋石鹸の使い心地

普通の固形石鹸よりサッパリと洗いあがります。

男性も使うことを考えて作られているからかな。

それも毛穴の皮脂汚れをかきだしてくれるかのようで、これを使っただけでも臭いにくくなったと感じました。

何より、「これでニオイの元洗ったし大丈夫!」

と安心できるので不安からの発汗をおさえられたと思いました。

 

渋柿石鹸を使う前は、家族みんなで使ってたダヴだったからか、洗い上がりのしっとり感は一気に無くなってしまいました。

体の乾燥が気になるって方はお風呂上がりにボディークリーム等つけてくださいね。

それか脇、肩、首など臭いやすい部部を渋柿、ほかをしっとりタイプなど使い分けをするとよいでしょうか

(めんどくさいか!)

 

高い消臭力を求めるなら固形石鹸

 現在柿渋石鹸はものすごい種類が発売されています。

大まかに分けると固形か液体ボディーソープと言ったところでしょうか。

おすすめなのは断然固形石鹸です。

理由は、固形石鹸は液体に比べ成分がシンプルで渋柿の成分の割合も多いものがほとんどなので、より消臭効果が期待できるからです。

液体は保管も使うのも楽で長持もちしますが、他にもいろいろな成分が入っているため渋柿の効果が石鹸に比べ感じにくい可能性があります。

 

※ボディーソープだと、パッケージが「加齢臭!体臭対策」とドーンと表示されているのでこれをバスルームに置くのは個人的に抵抗があります…女性ですもん人に見られたら嫌だ!

 

石鹸を使うなら泡立てネット使用がおススメです。

もこもこ泡のほうがワキの毛穴汚れしっかり落とせます。泡をワキにのせたまま1~2分放置して洗い流す柿渋泡パックをするとよりスッキリワキガの原因汚れと細菌を洗い流す事が出来ます。

 

最後に

ワキガ・体臭対策の基本中の基本のケアはより効果的な石鹸選びから。

ワキガ対策で石鹸を迷われてる方は、柿渋石鹸オススメです。

柿渋石鹸で臭いにくい体づくりをしましょう!

広告